診療案内

スポーツ歯科

マウスガード

 「マウスガード」とは、「マウスピース」や「マウスプロテクター」とも呼ばれる、「歯を覆う事で、歯自体や歯によるお口の中の怪我などを予防する」為の器具です。
弾力のある素材で作製されている為、衝突や転倒時の、歯列から脳への衝撃を和らげる効果もあります。

*スポーツ時のリスクの軽減*
 スポーツ時のアクシデントによる、歯を失うなどのお口の中の損傷は、スポーツ本来の目的である「健康の維持・増進」や「体力の向上」に反するものであり、それらのリスクを軽減する為に、マウスガードが使用されています。

マウスガードの効果

 スポーツ時の衝突や転倒などのアクシデントによる怪我には「歯の破折」「歯の脱臼(抜けること)」「唇や口内粘膜の裂傷」「顎の骨折」などが挙げられます。
歯は再生することがない組織なので、「歯の破折や脱臼」は特に避けたい怪我だと言えるでしょう。

*マウスガードの着用が義務付けられているスポーツ*
 マウスガードの着用が義務付けられているスポーツには、「ボクシングや空手などの格闘技」「ラグビーなどの激しい衝突を伴うコンタクトスポーツ」があります。
マウスガードを着用することで「歯の破折や脱臼予防」「唇や口内粘膜の損傷予防」「顎関節の保護」「顎骨の骨折予防」などの効果の他に、「脳震盪の予防」効果もあるとの報告もあります。

*マウスガードの口内損傷予防効果*
 マウスガードの口内損傷予防効果は高く、着用が義務付けられているスポーツは、他の競技に比べ口の中を怪我する確率が低いとも言われており、最近ではバスケットボールなどでも着用されることがあります。
スポーツを安全に楽しむ為の事故防止策として、マウスガードの着用は効果的なのです。

既製品とカスタムメイド品との違い

 スポーツ用品販売店などで、既製品のマウスガードを購入することができますが、噛み合わせなどの調整が行われない為、お口への適合が不十分となり、十分な効果を得ることができません。

*既製品の欠点*
 また、既製品には「長時間の装着により噛み合わせが変化する」「顎関節の痛みや違和感を生じる」「発音や呼吸の妨げとなる」「歯の交換期や顎の成長期にある小中学生では、歯並びなどの成長を阻害する」などの副作用が生じやすいと言われています。
マウスガードの本来得られるべき様々な効果を期待するのであれば、歯科医院で作製するカスタムメイドのマウスガードを使用するようにしましょう。

*カスタムメイド品の作製*
 カスタムメイド品は、歯科医院でお口の型を採って作製します。
噛み合わせなどに考慮し、更に違和感や痛みがないように調整も行いますので、装着感も良く、プレーに集中することができるでしょう。
作製には数日かかりますが、色調などを選択することもできます。
詳しくは歯科医師にご相談ください。

アンダーアーマー社のスポーツマウスガード

 スポーツ用品メーカーとして有名な「アンダーアーマー」では、「集中力の持続・向上をサポートし、人間が本来持つ潜在能力を引き出す」新しいコンセプトの「アンダーアーマー・パフォーマンス・マウスウェア(アーマーバイト)」を作製しています。

*「アーマーバイト」の効果と目的*
 アーマーバイトでは、お口の保護だけでなく、スポーツ時の食いしばり(クレンチング)による顎関節の圧迫を軽減し、身体をリラックスさせることで、より高いパフォーマンスが発揮されることを目的としています。

*「アーマーバイト」の作製*
 「アーマーバイト」を作製するには、「オーソライズド・プロバイダー」の認定を受けた歯科医院で、お口の型を採る必要があります。
この型から作製した石膏模型は、アンダーアーマー社の「ADIテクノロジーセンター」に発送され、アンダーアーマー社によってアーマーバイトが作製されます。
出来あがったアーマーバイトは、歯科医院で受け取ります。


 当院は、「アンダーアーマー」社のオーソライズド・プロバイダー(取り扱い医院)です。
アーマーバイトについて、詳しくは歯科医師または歯科衛生士にお尋ねください。

このページの先頭へ