診療案内

歯周病について

 歯歯周病とは、歯を支える歯肉や骨(歯槽骨)など、歯の周り(歯周組織)が細菌感染によって破壊される感染性疾患です。

*「歯肉炎」と「歯周炎」*
 歯周病には歯肉炎と歯周炎があります。
歯周病の発症初期は、痛みなどの自覚症状が殆どない為、気付かないうちに歯肉の炎症が進行してしまいます。
歯肉の炎症が進行すると、歯を支えている歯槽骨が溶かされて、歯がぐらつくようになり、最後には歯が抜け落ちてしまいます。

*歯周病の発症率*
 歯周病の発症率は40歳以上で8割にもなり、成人が歯を失う大きな原因となっています。
怖い歯周病ですが、多くは、「プラークコントロール」で予防することができます。

歯垢と歯石

 『むし歯や歯周病の原因となる歯垢(プラーク)とは、食物残渣(食べカス)ではなく、細菌の塊です。
歯垢1㎎には1億個もの細菌がいると言われています。
細菌が歯に付着しても、多くは唾液で洗い流されてしまいますが、唾液の流れが悪い場所(歯と歯の間や、歯と歯肉の境など)に付着した細菌はその場で増殖を始め、歯垢を形成します。
歯垢が取り除かれないでいると、2日間程で唾液中のミネラルと結合(石灰化)し、歯石となります。

*「歯垢」と「歯石」を取り除くには*
 歯垢は歯石と異なり柔らかいのですが、粘性のバイオフィルムですので、洗口剤で口をゆすぐ程度では取り除けず、歯ブラシなどで物理的にこすり落とす必要があります。
また、歯石は石のように硬い為、歯科医院でのプロフェッショナルケアである、「スケーリング」などでしか取り除くことはできません。
日頃の自己管理(セルフケア)と歯科医院でのプロフェッショナルケアで、歯垢・歯石のない清潔で健康なお口を維持しましょう。

歯周病自己チェック!

    思い当たる症状をチェックしましょう。

  • 朝起きた時、口の中がネバネバする
  • 歯肉が赤く腫れている(健康的な歯肉はピンク色で、引き締まっています)
  • 歯を磨くと歯肉から出血する
  • 口臭が気になる
  • 歯と歯の間にものが挟まりやすくなった
  • 歯肉がむず痒い
  • 歯肉が退縮して(下がって)いる
  • 歯が長くなってきたように感じる
  • 歯と歯の間に隙間ができてきた
  • 歯がグラグラする
  • 時々、歯が浮いたような感じがある
  • 歯肉から膿が出たことがある
  •                        …など

歯周病の要因

     歯垢・歯石以外にも、歯周病を引き起こす要因はあります。

  • 口呼吸
  • 不規則な食習慣
  • 喫煙
  • ストレス
  • 全身疾患(糖尿病、骨粗鬆症など)
  • 妊娠している
  • 「歯ぎしり」や「食いしばり」など
  • 適合が悪くなった補綴物(銀歯)や義歯(入れ歯)
  • 年齢
  •                        …など

上記チェックリストで気になる症状などがある場合には、歯科医院でご相談ください。

歯周病の進行過程

  • 【歯肉炎】
     歯肉溝に歯垢が溜まると、歯肉に炎症が起こり、赤く腫れます。 歯磨きの際に出血することがあります。
  • 【歯周炎・軽度】
     歯肉の炎症が進み、歯と歯肉の境目が壊れて隙間が深くなり、歯周ポケットが形成されます。この隙間に歯垢が侵入すると、歯根の先に向かって破壊が進行します。歯垢や歯石が歯周ポケットに溜まります。
  • 【歯周炎・中度】
     炎症が根先に向かって進み、歯根膜や歯槽骨が破壊され、歯がぐらつき始めます。歯周ポケットは更に深くなり、膿が出て口臭の原因となります。
    歯が伸びてきたように感じ、歯と歯の間の隙間が大きくなります。
  • 【歯周炎・重度】
     歯肉が赤黒く腫れ、膿が出て、強い口臭がします。
    歯槽骨の破壊が進み、歯がぐらついて、噛むと痛みがあります。
    更に悪化すると、歯は抜け落ちてしまいます。
  • (1)健康な歯ぐき
     ピンク色で引き締まっている
  • (2)歯肉炎
     歯ぐきが腫れてきた
  • (3)軽度歯周炎
     歯ぐきがすいてきた
  • (4)中等度歯周炎
     歯が長くなったように見える
  • (5)重度歯周炎
     歯がグラグラになった

コラム 「歯周病」と身体との関わり

 歯周病はお口の中だけに関係する病気ではありません。
歯周病は全身の様々な状態と関連しており、相互に影響を及ぼし合っているのです。
従って、歯周病を予防・改善するには、口腔ケアは勿論、規則正しい生活で免疫力を上げるなど、全身の健康状態を整えていくことが重要となるのです。

「歯周病」と「糖尿病」

 以前から、歯周病は糖尿病の合併症のひとつであると言われていましたが、歯周病になると糖尿病の症状が悪化するという逆の関係も、近年明らかになってきました。
また、歯周病治療で糖尿病の症状が改善されることも確認されています。

*歯周病と血糖コンロトール*
 歯周病によって作りだされる歯肉の炎症物質は、血液を介して血糖値をコントロールするインスリンの働きを妨げてしまいます。
しかし、2型糖尿病の方に関しては、歯周病の治療を行うことで、インスリン抵抗性が改善されることが確認されています。
このように、糖尿病の血糖コントロールには歯周病治療も重要なのです。

「歯周病」と「出産」

 女性ホルモンには特定の歯周病菌の増殖を促し、歯肉の炎症を悪化させる作用があることが確認されています。
その為、妊娠中は「妊娠性歯肉炎」を発症しやすいと言われています。

*歯周病と早産の確率*
 また、アメリカでの調査結果によると、歯周病の人の未熟児出産や早産の確率は、健康な人の約7倍であると報告されています。
これは歯周病による炎症物質が、血液を介して胎児や子宮の収縮などに影響する為であると考えられています。
早産の原因にはタバコやアルコール、高齢出産などがよく挙げられますが、歯周病による確率はそれらよりもはるかに高い数字となっています。
妊娠中は特に、歯周病予防に努める必要があるのです。

「歯周病」と「免疫力」

 過度なストレスや不規則な生活、喫煙などで、体の免疫力が低下すると、免疫力で歯周病菌の増殖を抑制できなくなり、歯周病の発症リスクが高まります。
また、歯周病の発症リスクには、持って生まれた免疫力の強さによる個人差もあります。
歯周病で悩んでいる家族がいる方は、体質や環境、生活習慣などが似ていることから、ご自身も歯周病を発症する可能性が高いと言えます。
歯周病菌を寄せ付けない為には、生活習慣や全身の健康にも留意する必要があります。

コラム 口臭について

口臭の種類

 口臭には大きく分けて「生理的口臭」「飲食物・嗜好品による口臭」「病的口臭」の3種類があります。

【生理的口臭】
 誰にでもある臭いで、起床直後、空腹時、緊張時など、唾液の分泌が減少し、口腔内の細菌が増殖した場合に生じます。
歯磨きをしたり、食事や水分をとったりするなど、唾液量が増加すれば口臭は弱まります。
生活習慣の改善で解消される口臭であり、治療の必要はありません。

【飲食物・嗜好品による口臭】
 ニンニク、ネギ、酒、タバコ等、飲食物や嗜好品が引き起こす口臭です。
一時的なものであり、時間の経過とともに解消されるので、治療の必要はありません。

【病的口臭】
 鼻や喉、内臓などの病気が原因で口臭が生じる場合もありますが、病的口臭の90%以上の原因は口の中にあります。
むし歯、歯周病、歯垢や歯石、舌苔(舌の表面に付く白色や淡黄色の苔状の汚れ)、唾液の減少、義歯(入れ歯)の汚れ、などが原因となります。
むし歯や歯周病の治療を行い、適切な口腔ケアを行うなど、原因となっている問題を解消することで、口臭の改善が期待できます。
口臭予防の為にも、日頃のケア(セルフケア)と歯科医院でのプロフェッショナルケアが大切です。

「舌の清掃」

 「舌苔」は舌の上皮に付着した「細菌」「新陳代謝によりはがれ落ちた口内粘膜細胞」「食物残渣(食べカス)」などからできています。
「舌苔」は、口臭の原因になりますので、舌の清掃もお口のケアに取り入れてみましょう。
歯ブラシでは硬過ぎて舌を痛めてしまう恐れがありますので、舌ケア専用のブラシやヘラ(タングスクレーパー)などを使用し、舌の奥から手前にかけて、優しく引くように清掃しましょう。

舌ブラシなどの舌クリーナーは歯科医院でも販売しています。
使用方法など詳しくは歯科衛生士にご相談ください。

このページの先頭へ